九州大学EUセンター概要

主旨および目的

九州大学EUセンターは、2011年4月に九州大学・西南学院大学・福岡女子大学の3大学コンソーシアム(共同組織)としてスタートしたEUIJ九州(EU Institute in Japan, Kyushu)の活動を九州大学において支援・推進する母体として、2010 年12月に設置されました。EUIJ九州は、EU(欧州連合)の日本における学術拠点として、研究者・学生、市民の皆様を対象に、政治・経済・科学技術及び文化面でEU理解を深めるための様々な活動を行い、またEUに関する多様な情報発信を行ってきました。

2016年3月をもちましてEUIJ九州は予定されていた事業期間を終了しましたが、教育プログラム(EU-DPs)をはじめとする、その豊富な活動成果を活かし、本学においてEUに関する研究教育の一層の拡充をはかるため、2016年6月、EUセンターは新たなタームでの活動を開始しました。

九州大学EUセンターは、EUやヨーロッパに関する知識と理解を深めるために、以下に掲げる業務を行います。

(1) EUに係る研究・教育活動に関すること
(2) EUとの学術・教育交流活動に関すること
(3) EUに係るアウトリーチ活動に関すること
(4) 国内及び国外のEUインスティテュート等との連携を推進すること
(5) EU研究ディプロマプログラムの実施に関すること

本センターは、その教育活動の軸としてEU研究ディプロマプログラム(EU-DPs)を提供します。EU-DPsは、EU研究のためのディシプリン横断型の学際的でユニークな教育プログラムで、地域統合を通じて経済社会の発展を追求してきたEUや、そうした統合の背後にあるヨーロッパの歴史・思想・科学技術などを、広く・深く学ぶことができます。また、本センターは、EUIJ九州により創刊された学術雑誌EUIJ-Kyushu Reviewの発行を継続して参ります。

引き続き、皆様のご理解・ご協力を賜れましたら幸甚です。

2016年6月


ご挨拶



2016年6月より第三期のEUセンター長を拝命しております。皆様の御協力を賜りながら、センター運営に携わっていく所存ですので、どうかよろしくお願い申し上げます。

なぜ、隣接するアジアの諸国と至近距離にある九州大学で、ユーラシア大陸の西の彼方に位置するヨーロッパやEUなのでしょうか。

第1は、地域の未来を考える際のベンチマークとしての重要性です。第二次世界戦争への反省から、戦後ヨーロッパは様々な地域的統合を推し進めてきました。それは現在EUという形となって、アジア諸国が経験したことのない深みに到達しています。EUに至るヨーロッパ統合の歴史や現状、そして統合を進めたが故に直面した課題を、つぶさに学ぶことで、アジアの未来を考える際の様々なアイデアも得られましょう。

第2は、現代社会に共通する諸問題に挑戦する先駆者としての重要性です。ユーロを危機に陥れたギリシャ政府債務問題は、日本にとっても他人ごとではありません。EUの多くの国が、少子高齢化や格差の問題に直面しています。EUを揺さぶる移民・難民問題は、いまや世界が解決すべき課題です。現代社会に共通するこれら問題にいち早く直面したEUが、それらをどう克服しようとしてきたのか、学ぶべきことは山とあります。

第3は、グローバル・アクターとしての重要性です。ヨーロッパには、人口やGDPなどで日本を凌駕する国は一つもありません。しかしEUとしてまとまることで、人口5億、世界のGDPの2割強を占める「大国」となり、政治・経済・科学技術など様々な分野で最重要アクターとなっています。EUをよく知り、それぞれの分野で交流を深めることは、グローバル化を標榜する大学にとって、いまや避けて通ることのできない課題です。

EUセンターは、EUに関する人文学・社会科学・自然科学の知見を重ね合わせる機会を提供することで、こうした現代の知的課題に挑戦して参る所存です。
皆様のご理解・ご協力を賜れましたら望外の喜びです。

九州大学EUセンター長
岩田 健治

ページのトップへ

.

組織

センター運営組織(EUセンター委員会)(2017年4月現在)

センター委員会委員長 国際交流推進機構副機構長 理事・副学長 伊藤 早苗
センター長 経済学研究院教授 岩田 健治 任期H30(2018)年5月迄
副センター長 (選考中)


委員

役 職

氏 名

任 期

理事・副学長(委員長)

伊藤 早苗(第4号)

なし

法学研究院長

村上 裕章(第5号)

なし

法学研究院准教授

フェニック マーク(第3号)(複担教員)

なし

法学研究院講師

フォルマシオン アントニヨ(第3号)(協力教員)

H30(2018)年5月末迄

経済学研究院長

磯谷 明德(第5号)

なし

経済学研究院教授

岩田 健治(第3号)(複担教員)

なし

比較社会文化研究院教授

鏑木 政彦(第3号)(複担教員)

なし

工学研究院教授

渡邊 公一郎(第3号)(協力教員)

H30(2018)年5月末迄

農学研究院長

平松 和昭(第3号)(協力教員)

H30(2018)年5月末迄

農学研究院准教授

中村 真子(第3号)(協力教員)

H30(2018)年5月末迄

基幹教育院准教授

小湊 卓夫(第3号)(協力教員)

H30(2018)年5月末迄

人間環境学研究院教授

ヴィッカーズ エドワード(第7号)

H30(2018)年5月末迄

国際部長

渡邉 五郎(第6号)

なし


アドバイザー
現法学研究院特任研究員 八谷 まち子



EUセンター委員会部会
・教育部会
・広報・アウトリーチ部会
・研究部会
・コーディネーション部会

EUセンター運営規程(PDF)



センター体制図

本センターを九州大学国際交流推進機構の構成組織として位置づけ、「留学生センター」「韓国研究センター」及び「国際交流推進室」と連携して活動を行います。本センターの運営に係る事務は国際交流推進室が主導し、国際部及び関連事務部局の協力のもと運営してまいります。

(学内部局との連携)


ページのトップへ

 

連絡先・アクセス



九州大学EUセンター

〒812-8581 福岡市東区箱崎6-10-1 箱崎キャンパス 旧工学部本館2階
Tel: 092-642-4433, 4434
Fax: 092-642-4435
Mail: eucentre★jimu.kyushu-u.ac.jp  ※メールアドレスの★を@に変更してください。




≫箱崎キャンパスアクセスマップはこちら
≫キャンパスマップはこちら(EUセンターは理系地区 赤色19番です)

.≫ページのトップへ